FC2ブログ

--/--/-- -- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/02/21 Tue 22:17 <乃木坂>ライブレポ
今回はバースデーライブ初日のための遠征。
ミニ以外のライブを拝見するのは2.5ヶ月ぶりでテンションが高まってました。
そんなこんなで今回の遠征レポスタートです。

事前物販があるとの情報が展開されたが、安い航空券でとっているため
変更がきかず、なくなく日曜日の朝移動でスーパーアリーナに向かいました。
14時前に到着したときには並び列はほぼなくなり、何を買えるか少々不安に。
ただ、よくよく見てみると生写真すら売っているではないですか。
もともとは各会場に来たときに全種類購入するようにしていたのですが、
最近は混雑具合から敬遠していたんですよね。
てなわけで、バレンタイン2セット、アニバーサリー5セットを購入。
・・・ん?購入数がなんかおかしいって?
まぁ、気にするな、買えると思うとほしくなったんです。
結果、万理華さんのヨリを引けたのでよし。づっきーのヨリとかもありました。
れなち、蘭世、りりあんなど他の推しが1枚もでなかったのが心残り。
まなったんクラスになると座りを2枚引かせて釣ってきたのに。
その後、万理華さん・れなち、りりあんタオル・リストバンド、
それに加えて万理華さんのキーホルダーを購入。
事前物販はそれで幕を閉じました。

翌日。
あまり早く行っても暇なので、秋葉原によって生写真を散策。
絢音40枚、みり愛20枚、れなち15枚、蘭世15枚の福袋をそれぞれ購入。
なぜかみり愛が40枚入っているという奇跡をおこしました。
多少古い生写真が多いですが、基本的に生写真を持っていない私としては、
非常に満足するないようでした。もっと買ってこればよかった。

そして、いよいよスーパーアリーナへ。
Twitter上でリア凸している人をみつつ、開場と同時に内部へ侵入。
色々な方の祝花をみながら、乃木坂46への皆さんの愛を感じておりました(笑)
協力させていただいた「北海道橋本奈々未卒業企画委員会」のお花もありました。

公演開始。3時間超のライブで37曲(アンコール除く)を披露していただきました。
バスラなのである程度のルールで曲が決まるのかなぁ・・・と思いつつも、
なんと奈々未さんセレクト。初っ端からの標題曲5連続は圧巻でした。
すべて書き始めると大規模なものになってしまうので印象的なシーンのみを
セレクトして書きたいと思います。まぁ、それでも多いのでがんばって絞りますが。

まずはなんと言ってもサヨナラの意味。
テンションが高まっている上に、あのセットを使用したとてもきれいな
パフォーマンス。すごかったですよね。

偶然を言い訳にしてでは、まいやん、さゆりん、かずみんからななみんへの
サプライズメッセージが送られていましたね。
特に御三家と呼ばれた、まいやん、さゆりんからのメッセージは印象的でしたね。
あっ、かずみんをあえて除外したわけではないですよ。
この曲や、せっかちなかたつむり、でこぴん等でななみんが見られることは
もうないんですよね。まだ卒業を実感できていないです。。。

世界で一番孤独なLover。
スクリーンに映るダンスが印象的でした。ステージに注目していたので、
数えたりすることはできなかったのですが、全員分あったんですかね、あれ。

ダンケシェーン。
まいまいの時もありましたが、生ちゃんの声量でななみんに変えて歌われたのが
すごく印象的。わかももちろん「やっぱ、ななみだな!」でしめてくれました。

ボーダー。
ななみんではありませんが、個々が成長しているなかでのパフォーマンス。
絢音ちゃんがとてつもなく印象的で、れなちや琴子も印象的でした。
どうしても全体ライブでは存在感が薄くなってしまう面々ではありますが、
ちゃんと見てますよ、われわれは。

ポピパッパパー。
真横を猛スピードでメンバーが爆走したときは正直びびりました。
ちなみに、自分は飛鳥が通った横でした。・・・ん?飛鳥だよね、あれ。
噂ではみなみちゃんが逆サイドで落ちそうで危険だったという噂も。

ハウス、ロマスタ、転がった鐘を鳴らせ!。
このあたりではもう悲しい気分にならないように全力で声援を送ってました。
基本的には涙を流すことはない私ですが、正直今回のライブは危なかったので。

そして、万理華さんゾーン(ここにいる理由~生まれたままで)。
せっかくの誕生公演、卒業公演と重なったこともあり、少し祝いづらい。
万理華さんの生誕Tシャツで私は挑んでいたのですが、まわりにいませんでした。
ただ、見せ付けてくれましたね。万理華さんはやはりすごいです。
特に生まれたままで。
twitterの方ではつぶやいていましたが、ななみんとのWセンター。
今までの曲の中ではほぼ交わることがなかった2人。
この2人がまさか生まれたままでで背中合わせでセンターをつとめるとは。
とても絵になっており、私はずっと忘れないと思います。
そこからのななみんからのサプライズ誕生祝もよかったですね。
「申し訳ない」と座ろうとする万理華さんを「万理華の誕生日でもあるんだから」と
立たせたななみん。ほんと、仲のよいお二人です。
ちなみにその後ケーキを片付けるときに落としそうになったのは誰だったんだろ?
私の席からは人までは確認することができませんでした。

孤独兄弟。
やはりこの曲ですよね。ななみん、まいやんが非常に映える曲。
衝撃は計り知れなかったです。この光景ももう見れないのか・・・

Threefold choice。
まさか、御三家でこの曲を歌うとは思いませんでした。
この流れはまさか急斜面を歌のは・・・
まぁ、私はみれないので、他の方の感想から読み取ろう。

そこからは泣かないようにさせてくれているのか明るい曲が続く。
私も例のごとく、泣かないために全力で声援を送ってました。

ラスト、アンコール。
ないものねだり、サヨナラの意味。
もうあえて語ることはありません。ありがとうございました。

全体的な印象として、スクリーンをうまく使ったすばらしいライブでした。
ななみんの卒業をこんな大規模でお祝いできたことは同じ道民として嬉しく、
未だに卒業の実感がわかない私ではありますが、非常に感動的でした。
どうしても大きな会場だと見えにくいという欠点はありますが、
あの会場で、あの雰囲気を味わえるだけで満足です。

余談ですが、帰りの飛行機が天候不良で函館におりました。
まさか、関東遠征の復路だけで10時間以上かかる日がくるとは・・・
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://maxminabs.blog83.fc2.com/tb.php/102-c155f071
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。