FC2ブログ

--/--/-- -- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/07/04 Tue 22:29 <乃木坂>ライブレポ
さて、ついに来ました真夏の全国ツアー。
今年は明治神宮野球場よりスタートですね。

今回は期生ライブが売り。
①3期生公演
②2期生公演
③1期生公演
④全体公演
という流れでした。

初日はなんとサイドステージに対して最前列(正式にはアリーナC20最後尾)、
2日目はバックネット裏19段とどちらも文句のないむしろ良席でした。
セットリストはほかにいろいろ書いてあるだろうし、ざっくり感想と行きます。

①3期生公演
 私は伊藤理々杏と書かれたタオルを装備して挑ませていただきました。
 乃木坂に入ってもうすぐ1年になる彼女たち。
 まだまだ成長する部分は多いことだと思います。
 今回の全国ツアーで先輩たちをみて急激に変化する方もいるかもしれませんね。
 3期生公演は実に元気いっぱいな感じでした。
 個人的にはりりあんばかり追ってはいましたが、美月の激しいジャンプだったり、
 葉月の全力全開な感じのパフォーマンスが見どころでしたね。

②2期生公演
 様々な思いを胸にパフォーマンスをみせてくれた2期生。
 蘭世や絢音ちゃん、の言葉には涙が出そうになりましたね。
 激しめの曲が少なめなのが残念ではありましたが聞き入ってしまいました。
 スタンドに全員が飛び出していったとき、ステージに誰もいなくなったのは
 ちょっと残念ではありましたね。
 ただ、正直、彼女たちは今後の乃木坂を支えていく方々だと思っています。
 今後も、彼女たちから目が離せません。
 そして、改めてかりんちゃんの歌声が聞き心地がよいんだなぁと感じましたね。

③1期生公演
 まさに圧巻のパフォーマンスでした。
 1日目も圧巻でしたが、2日目は生ちゃんが加わりさらに圧巻。
 これぞ乃木坂46を作り上げたメンバーたちなんだなぁと思いつつ
 全力で声援を送りながらみさせていただきました。

そして、いろいろなサプライズもありました。

・アンダーライブ九州公演
 次は九州、日程的にもさすがに行けなさそうだなぁ・・・と思っていたら、
 お金こそはかかりますが、大分や宮崎は行けないことはない。
 まぁ、キャパシティが小さいので取れる気がしないという本音はありますが、
 メンバー次第では申し込ませていただこうと思います。
 ただ、福岡、鹿児島はさすがに仕事の都合上無理ですけどね。
 具体的には、万理華さん、れなち、蘭世のいずれかがいるのであれば。
 個人的には全員選抜にはいっていてほしいので行かなくてよいにこしたことはない。

・アンダーアルバム発売
 これは正直、内容がわからないので何とも言えない。
 今までのアンダー曲を並べるだけなら今までのアルバムで押さえている。
 それであればアンダー新曲だったり、新たなイベントだったり何かと期待したい。

・東京ドーム2Days
 これはついに来たかというところですね。
 今の乃木坂であれば余裕で会場を埋めることができると思います。
 そして、これに関してはどんな日程であろうと行きたいところ。
 11月の後半かなぁ。「真夏の」ではなくなってますが。
 北海道なんて雪が降ってる季節ですよ!!

なんか雑になってきましたが、まだまだライブの余韻に浸ってます。
スポンサーサイト
2017/04/22 Sat 22:47 <乃木坂>ライブレポ
アンダーライブも早いいもので本日で終了ですね。
昼公演・夜公演と2公演の開催。

昼公演ではまあや、純奈、伊織がフィーチャされ、
夜公演ではみり愛、じょーさん、かわごがフィーチャされました。

昼公演でも昨日の勢いをさらに超えるような盛り上がり。
やはりアンダーライブは熱く、12人だから弱いとか言われないような
仕上がりになっていたかと思います。
特に自分は3階南だったので、絢音ちゃんが見やすかったです。
正面:みり愛、北:れなち、南:絢音
の配置が結構多いんですよね、今回。まぁ、フロントの配置ですし。

しかし、何よりも熱かったのは千秋楽の夜公演。
はじまって早々、全体的に勢いがありました。
メンバーも最初のMCで一番盛り上がってる気がすると言ってましたね。
確かに最初の休憩までで水を飲まなければつらいレベルまで
自分自身も叫びまくった気がします。

びっくりしたのがフィーチャ企画。
前公演まではそこまできれいにはならなかったのに、
千秋楽はフィーチャされる方のサイリウム色に会場が染まりました。
てっきり、みり愛を最後にもってくると思ったら最初のブロック。
じょーさん→川後→みり愛の順だと想定したんですけどね。
ただ、みり愛の狼、良かったです。
うまい下手はよくわかりませんが、見ていたいと感じる魅力がありました。

会場は大盛り上がりのまま、本編終了。
そして、アンコール。ここまではいつもどおり。
ただ、そこで、川後の涙は凄く以外でびっくりしました。
みり愛はすでに座長として話し終えていたのでZことれなちにバトン。
・・・れなち、色々と思いのたけをしゃべってくれましたね。
初日にフィーチャ時には行けなかったので気になってはいたのですが、
千秋楽でいろいろな言葉をきかせてくれました。
あえて、ここには書きませんが。

2度目の風船を披露してアンコールも終了。
想定はしてましたが乃木坂46コールがとまりません。
やはりでできましたメンバーのみなさん。
Wアンコールですよねやっぱり。
そこで、今シリーズ初のダンケシェーンが披露されました。
腕は痛いし、のどは限界が近い、そう感じてはいましたが、
もう、のどがつぶれる覚悟で全力で声援を送りましたよ。

こんな素晴らしいものを見せてくれてありがとうございます。
と、急いで帰っていく方々を見ながら酔いしれていたら、
まさかの乃木坂46コール再び。
「本日の公演は・・・」の挨拶が何度も読まれていますが、
それをかき消すほどのコールでした。
後ろの方でスタッフが集まって話し合っている姿が見えました。
さすがに想定外だったみたいです。

ただ、結局スタッフの皆さんのおかげもありトリプルアンコール成立。
メンバーたちがもう一度センターステージに現れてくれました。
今までトリプルアンコールなんてありましたかね?
みり愛ちゃんはダブルダブルアンコールと不思議な言葉を言ってましたがw
また、新たな伝説をアンダーライブで作り上げてくれましたね。
最弱という表現をされ、メンバー達からも不安が見え隠れし、
ファンの皆さんも会場を埋めようと必死になって宣伝し、
みんなの手で作り上げたアンダーライブ。
無事、過去最大級の1万人規模4公演を大成功させてくれました。
2017/04/21 Fri 23:51 <乃木坂>ライブレポ
さて、ついにきました今年初のアンダーライブ。
今回はどんな新たなものを見せてくれるのか?期待にあふれています。
前日の1公演目でれなち、絢音ちゃん、ちーちゃんのソロ企画が
すでに完了しているという私にとっては致命傷な問題もありましたが、
モチベーションはものすごく上がっておりました。

去年の3月のアンダーライブ。
私にとっては初のライブだったのですが、その時のみり愛ちゃん。
後ろのほうで小さな身体でダイナミックに踊る姿が印象的で、
万理華さんとの初握手と合わせ技で私は遠征民になりました。
そのきっかけだったみり愛ちゃんがついにアンダーセンターに。
それだけで感慨深いものがあります。

まずはグッズ売り場へ。
ふむ、みり愛グッズは売り切れですか。
いや、Tシャツを買いたかっただけなのでいいですよ。

・・・はっ、なぜ俺の手元にはれなちタオルが!?
いや、しょうがないでしょう。れなちを推してますから。
Tシャツはちゃんと買いましたよ。明日の分と明後日(?)の分。

それはそれとして、ライブ。
アリーナのHブロックの右のほう。
まさかこんなに神席とは。
センターステージの真横で、Iブロックがありますが4列のみ。
そっから通路をはさんで2席で自分のせきですよ。
6席先がステージですよ。こんなことがありますか。
ただ、過去の傾向的にライブが楽しめるかの要素として周り次第。

右:れなち推しっぽい一見おとなしそうに見えるがいい感じに叫ぶ人
左:かりん推しのちょっと年配だけど、めちゃめちゃ叫ぶ人
前:みり愛推しの目立ったところがない人。ただ、背が高い。。。
後:絢音推しの特徴のない人

うん、横にいい感じに叫ぶ人がいるとやりやすいです。

会場一帯が白のサイリウムで風船からスタート。
噂では昨日はこの時点でみり愛ちゃん泣いちゃってたらしいですね。
今日はしっかりとした姿をみせてくれました。


そして曲は進むとセンターステージにも乃木坂ちゃんたちが。
れなち、ありがたいことにHブロック側によくきてくれます。ありがたい。
(いや、明日はすべて逆側なんですけどね、しかもスタンド)
精一杯れなちに声援を送り手を振っていましたが届いたかはわかりません。
ただ、さすがれなちさんですべての方向のファンに笑顔をふりまいてました。

肝心にフィーチャ企画。
本日は、ろってぃー、琴子、かりんちゃんでした。
曲は表題曲以外のフィーチャ曲は昨日と同じだったみたいですね。
曲的にはろってぃーゾーン、総合的には琴子ゾーンがよかったです。
いや、琴子、すごくよかった。そして色々迷ってるんだとも感じました。
人並以上に不器用なのかもしれません。
ただ、つたない言葉で語ったメッセージが心に響きましたよ。
かりんちゃんの言葉も素晴らしいものがありましたし、やはりアンダーは熱い。

あまりにも叫びすぎて疲れている関係か、これ以上言葉がでてこない。

明日もあるので今日のレポはこれくらいにしますが、
・12だろうと彼女たちは熱い心を持っている。
・見て後悔のない素晴らしいライブパフォーマンス
本当に無理して金曜日から参戦してよかったです。
木曜日がみれていないことを今でも後悔しておりますが、
何をしても調整ができなかったものはあきらめざる負えない。
握手会でれなちに話だけ聞かせてもらおう。

あっ、あと、アリーナに飛んでくるボール?バルーン??はやばいです。
油断していると思っている以上の勢いで縦横無尽に飛んできますので、
アリーナで明日参戦される方はご注意ください。
前の席の方、ボールの勢いに負けて倒れそうになってました。
横の方は器用にヘディングしてましたけどw
2017/02/21 Tue 22:17 <乃木坂>ライブレポ
今回はバースデーライブ初日のための遠征。
ミニ以外のライブを拝見するのは2.5ヶ月ぶりでテンションが高まってました。
そんなこんなで今回の遠征レポスタートです。

事前物販があるとの情報が展開されたが、安い航空券でとっているため
変更がきかず、なくなく日曜日の朝移動でスーパーアリーナに向かいました。
14時前に到着したときには並び列はほぼなくなり、何を買えるか少々不安に。
ただ、よくよく見てみると生写真すら売っているではないですか。
もともとは各会場に来たときに全種類購入するようにしていたのですが、
最近は混雑具合から敬遠していたんですよね。
てなわけで、バレンタイン2セット、アニバーサリー5セットを購入。
・・・ん?購入数がなんかおかしいって?
まぁ、気にするな、買えると思うとほしくなったんです。
結果、万理華さんのヨリを引けたのでよし。づっきーのヨリとかもありました。
れなち、蘭世、りりあんなど他の推しが1枚もでなかったのが心残り。
まなったんクラスになると座りを2枚引かせて釣ってきたのに。
その後、万理華さん・れなち、りりあんタオル・リストバンド、
それに加えて万理華さんのキーホルダーを購入。
事前物販はそれで幕を閉じました。

翌日。
あまり早く行っても暇なので、秋葉原によって生写真を散策。
絢音40枚、みり愛20枚、れなち15枚、蘭世15枚の福袋をそれぞれ購入。
なぜかみり愛が40枚入っているという奇跡をおこしました。
多少古い生写真が多いですが、基本的に生写真を持っていない私としては、
非常に満足するないようでした。もっと買ってこればよかった。

そして、いよいよスーパーアリーナへ。
Twitter上でリア凸している人をみつつ、開場と同時に内部へ侵入。
色々な方の祝花をみながら、乃木坂46への皆さんの愛を感じておりました(笑)
協力させていただいた「北海道橋本奈々未卒業企画委員会」のお花もありました。

公演開始。3時間超のライブで37曲(アンコール除く)を披露していただきました。
バスラなのである程度のルールで曲が決まるのかなぁ・・・と思いつつも、
なんと奈々未さんセレクト。初っ端からの標題曲5連続は圧巻でした。
すべて書き始めると大規模なものになってしまうので印象的なシーンのみを
セレクトして書きたいと思います。まぁ、それでも多いのでがんばって絞りますが。

まずはなんと言ってもサヨナラの意味。
テンションが高まっている上に、あのセットを使用したとてもきれいな
パフォーマンス。すごかったですよね。

偶然を言い訳にしてでは、まいやん、さゆりん、かずみんからななみんへの
サプライズメッセージが送られていましたね。
特に御三家と呼ばれた、まいやん、さゆりんからのメッセージは印象的でしたね。
あっ、かずみんをあえて除外したわけではないですよ。
この曲や、せっかちなかたつむり、でこぴん等でななみんが見られることは
もうないんですよね。まだ卒業を実感できていないです。。。

世界で一番孤独なLover。
スクリーンに映るダンスが印象的でした。ステージに注目していたので、
数えたりすることはできなかったのですが、全員分あったんですかね、あれ。

ダンケシェーン。
まいまいの時もありましたが、生ちゃんの声量でななみんに変えて歌われたのが
すごく印象的。わかももちろん「やっぱ、ななみだな!」でしめてくれました。

ボーダー。
ななみんではありませんが、個々が成長しているなかでのパフォーマンス。
絢音ちゃんがとてつもなく印象的で、れなちや琴子も印象的でした。
どうしても全体ライブでは存在感が薄くなってしまう面々ではありますが、
ちゃんと見てますよ、われわれは。

ポピパッパパー。
真横を猛スピードでメンバーが爆走したときは正直びびりました。
ちなみに、自分は飛鳥が通った横でした。・・・ん?飛鳥だよね、あれ。
噂ではみなみちゃんが逆サイドで落ちそうで危険だったという噂も。

ハウス、ロマスタ、転がった鐘を鳴らせ!。
このあたりではもう悲しい気分にならないように全力で声援を送ってました。
基本的には涙を流すことはない私ですが、正直今回のライブは危なかったので。

そして、万理華さんゾーン(ここにいる理由~生まれたままで)。
せっかくの誕生公演、卒業公演と重なったこともあり、少し祝いづらい。
万理華さんの生誕Tシャツで私は挑んでいたのですが、まわりにいませんでした。
ただ、見せ付けてくれましたね。万理華さんはやはりすごいです。
特に生まれたままで。
twitterの方ではつぶやいていましたが、ななみんとのWセンター。
今までの曲の中ではほぼ交わることがなかった2人。
この2人がまさか生まれたままでで背中合わせでセンターをつとめるとは。
とても絵になっており、私はずっと忘れないと思います。
そこからのななみんからのサプライズ誕生祝もよかったですね。
「申し訳ない」と座ろうとする万理華さんを「万理華の誕生日でもあるんだから」と
立たせたななみん。ほんと、仲のよいお二人です。
ちなみにその後ケーキを片付けるときに落としそうになったのは誰だったんだろ?
私の席からは人までは確認することができませんでした。

孤独兄弟。
やはりこの曲ですよね。ななみん、まいやんが非常に映える曲。
衝撃は計り知れなかったです。この光景ももう見れないのか・・・

Threefold choice。
まさか、御三家でこの曲を歌うとは思いませんでした。
この流れはまさか急斜面を歌のは・・・
まぁ、私はみれないので、他の方の感想から読み取ろう。

そこからは泣かないようにさせてくれているのか明るい曲が続く。
私も例のごとく、泣かないために全力で声援を送ってました。

ラスト、アンコール。
ないものねだり、サヨナラの意味。
もうあえて語ることはありません。ありがとうございました。

全体的な印象として、スクリーンをうまく使ったすばらしいライブでした。
ななみんの卒業をこんな大規模でお祝いできたことは同じ道民として嬉しく、
未だに卒業の実感がわかない私ではありますが、非常に感動的でした。
どうしても大きな会場だと見えにくいという欠点はありますが、
あの会場で、あの雰囲気を味わえるだけで満足です。

余談ですが、帰りの飛行機が天候不良で函館におりました。
まさか、関東遠征の復路だけで10時間以上かかる日がくるとは・・・
2016/12/10 Sat 01:47 <乃木坂>ライブレポ
アンダーライブ2日目。
ミニではないライブは今年最後になりますね。
思い残すことのないように全力で楽しみに行ってきました。

【前哨戦】
一晩悩んだ(爆睡)結果、本日はれなちを応援することに決定。
れなちタオルを買うために10時前からグッズ販売に並ぶことにしました。
・・・まぁ、買えませんでしたけどね。
れなちもらんぜもみり愛も絢音も・・・以下略、すべて売切れです。
正確には目の前で最後の絢音タオルは売れてましたけどねw
並んだのに何も買わないのは微妙な気分なので、
細々とした万理華さんグッズを購入。れなちも何個か買いました。

【前半パート(OVERTURE~初恋の人を今でも)】
しょっぱなからブランコです。
昨日も書きましたが徐々にエンジンがかかっていくタイプなんですよね。
ちょっと乗り切れないままでブランコが終わってしまいました。
まぁ、ブランコ→ここにいる理由で→不等号で一気にかかりましたが。
たぶん、この3曲目の時点で昨日以上に叫んでいたことだと思います。
アンダーライブ・・・やはり熱いです。
通路横前なしの席だったために叫びやすい振りやすいということもありましたし。
その後、少しだけ落ち着いて、全員センターパートへ

【全員センターパート】
昨日は全員プロデュース後半戦、そして今日は全員センター後半戦です。
昨日と同様に前半戦を聞けなかったのが残念ではあります。
蘭世やみり愛は前半だったんですよね。
まぁ、れなちや絢音がいるし他にも見所があるはず。
てなわけで、本日も出来る限り一言づつ感想。
a)夏のFree&Eazy(あーちゃん)
 絢音ちゃん、覚醒。
 もともとライブでの絢音ちゃんは覚醒モードではあるのですが、
 見ていた楽しくなるパフォーマンス。そしてソロ。
 絢音ちゃんを推し増ししたくなります。
b)命は美しい(かわご)
 ろってぃー辺りにやってみてほしかったなぁ・・・この曲。
 いや、川後じゃだめってわけではないですけどね。
c)今、話したい誰かがいる(ろってぃ)
 まさかのろってぃに今誰。
 とてもうまいのですが、何分あっていないような・・・
 命やマネキン辺りをやってほしかったなぁ・・・
d)バレッタ(ちはる)
 ちはるにバレッタは似合っているかもしれませんね。
e)君の名は希望(ゆったん)
 ・・・ゆったんにこの曲のセンターがあたることになるとは。
 かわいさ満点ではありました。
 そしてセンターなのにソロがないという不思議なことがw
 さすが「明るい音痴」の照合をもっているお方です。
f)走れ!Bicycle(じゅんな)
 じゅんながすごく魅力的でしたね。
 かわいさ前回のじゅんなで、思わず推しに加えそうになりました。
 いや、墓場のときも良かったのでもともと気になってはいるんですがね。
 今後も様子を見続けたいと思います。
g)太陽ノック(れなち)
 れなちキター!!
 笑顔最高、動き最高、歌声最高!!
 本人が生駒ちゃんをみて勉強してきた効果なのかはわかりませんが、
 ほんとすばらしかったです。
h)おいでシャンプー(まぁや)
 まぁやらしい楽しそうなパフォーマンスでした。
 ナカダカナシカコールは普通にあったけど、よかったのかな。
絢音、れなち、じゅんなが個人的にはすばらしかったですね。

【乃木團パート(あの日僕は咄嗟に嘘をついた~涙がまだ悲しみだった頃)】
ろってぃーのギターソロから、かなりんのベース、まぁやのキーボード。
そして、満を持してドラムとしてあしゅ登場!!大盛り上がりです。
曲がはじまりじょーさんの歌声が響き渡りました。
2節目からはなんと、ひめたんも登場!!
そして、乃木團が演奏しながら、生まれたままででアンダーメンバー登場。
乃木團とアンダーメンバーのコラボです。
独特のクリスマス風メドレーで大盛り上がりです。

【後半パート(嫉妬の権利~シークレットグラフィティー)】
ラストスパート。
最後はかなりんの春メロ、ゆったんの13金、ひなちまのシーグラ。

【アンコールパート】
ハウス、イカ焼きで盛り上げて、乃木坂の詩で締め。
らんぜの熱い思いを最後のMCで聞かせていただきました。
本人も言っていたように賛否両論がありそうな話しではありましたが、
個人的に、このまっすぐな蘭世はすばらしいと思います。
つらく厳しい道だと思いますが、本当のセンターとなる日が楽しみです。

【Wアンコールパート】
最後に挨拶をし、「らんぜの勢いとまらんぜ!」と去っていきましたが、
会場のボルテージは上がっており、乃木坂46コールその2。
ロマンスのスタートを披露していただきました。
らんぜもさっき締めたので特に言葉がないと笑ってましたね。

総評として、やはりアンダーライブはすばらしいものです。
いや、選抜単独公演や全体ライブももちろんすばらしいのですが、
アンダーライブの盛り上がりは正直最強だと思います。
蘭世は今回のメンバーが最弱という表現をしてはいましたが、
確かに今までのメンバーと比べると弱い気はしてました。
万理華さん、さゆ、堀ちゃん、きいちゃん、ひめたんとすべていません。
それでも、「1+1が2となるなんて誰が決めた」という表現もありましたが
お互いがお互いを高め、すばらしいものを作り上げています。

蘭世が今後どのようになっていくのか、
他のアンダーメンバーがどのようになっていくのか、
これからも追い続けたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。